<国語/読解>

読解は計算と同じくいわゆる「積み上げ学習」の分野で、いきなり難しい文章が理解できるようになることはありません。自分に応じた段階まで戻って、少しずつ階段を上っていくのが遠回りに見えてもっとも効率的なのです。また、算数と違って、短期間で劇的に効果が出るものでもなく、筋トレのようにこつこつと長く続けることが肝心です。本文を精読しないと答えられない問題を回答していくうちに、本文に立ち返る習慣がついて、読解が苦手な生徒でも作者の意思をつかめるようになります。

学年レベルは小1~小6相当ですが、読解力の弱い中学生のリメディアル教育にも最適です。

「国語(読解)」の特長

  • 本文を精読しないと回答できない、パラグラフ毎の要約トレーニングで、要点をつかんで作者の意図を外さない文章の読み方を学習

  • 最初は簡単、徐々に高度化する無学年ステップアップ構造の問題配列

  • 読書習慣のない学習者でも、文章に接する絶対量を確保できる問題ボリューム

国語(読解)の教材構成

読解力養成に特化した「おさらい先生」の国語教材は、無学年制のため、学年との比較はできません。ムリなく読解力がつけられるよう、次のように大きく10のステップを設けています。(各ステップの詳細・出典一覧はこちら

  1. <表現読み>文章が指し示す事実を音読のなかに明確に表現して読む学習をする。(対象学年小1~2年)
  2. <くわしく読む>言葉の奥に隠されている事実を読みとろうという姿勢を育てる。(対象学年小1~3年)
  3. <場面>見えたこと・感じたこと・考えたことなどから、場面の状況をつかむ。対象学年 小2~4年)
  4. <知覚・認識・心情・言動>登場人物が感覚しているものから、その考え方までを、文章から読み取る。対象学年 小3~5年)
  5. <人柄とその関係>段落や場面など「場」に応じて、人と人がどう関係するかを考える。(対象学年 小3~6年)
  6. <パラグラフ文法>登場人物の行動、または思考についての原因・理由を文章に証拠を見出し理解する。(対象学年 小4~中1年)
  7. <話題の展開>登場人物の行動の順番や話題についての考えの展開を追って文章を分析的に読む。(対象学年 小4~中学2年)
  8. <叙述と描写と説明>事実がどんな言葉で、どのような構造に組み立てられて表現されているかを考える。(対象学年 小5~中学2年)
  9. <比喩とレトリック>比喩が指示する事実をつかむとともに、語り手の表現意図を理解する。(対象学年 小5~中3学年)
  10. <パラグラフの意志>パラグラフの構造をつかみ、これを一文に縮約することでパラグラフ読みを完成する。(対象学年 小6~中学3年)

問題例

おさらい先生の国語では、文章を正確に読む能力からスタートし、少しずつ本文には書かれていない事柄を読み取れるような読解力を養成していきます。

◆正確に読む練習(「ライオンとねずみ」より)

【本文】とちゅう、大きな 山のような ものが ありました。けれども、ねずみは かまわずに かけのぼりました。

【設問】ねずみが かけのぼったのは 何ですか。

ねずみが かけのぼったのは、□□□□の ような ものです。

答え[大きな山]

◆登場人物の行動、思考についての原因・理由を文章に証拠を見出し理解する練習(「赤い船(小川未明)」より)

【本文】露子は、つばめに向かって、
「おまえは、どこからきたの。」
と聞きますと、つばめは、かわいらしいくびをかしげて、露子をじっと見ていましたが、
「私は、南の方の海を渡って、はるばると飛んできました。」
と答えました。
「そんなら、太平洋を越えてきたの?」
と、露子の顔には覚えず(おぼえず)笑(え)みがあふれたのであります。つばめは、
「それは幾(いく)日(にち)となく、太平洋の波の上を飛んできました。」
と答えました。
「そんなら、おまえは船を見なくて? ……」
と、露子は聞きました。

【設問】つばめと話す露子に笑みがあふれたのは、どうしてですか。

①つばめがくびをかしげる様子があまりにかわいいから
②つばめが人間の言葉を理解して、露子に返事したから
③太平洋の向こうの国をつばめが知っていると思ったから

答え[  ③  ]


<算数/計算>

「ちゃんと積み上げ」れば、計算は必ずできる。

計算は積上げ型の学習のため、ひき算ができないのはたし算の、わり算ができないのはかけ算の習熟が不足している、という考え方に基づいて各単元をマスターしないと先に進めない設計になっています。
中学での学習についていけず、短期間で学力を向上させたい生徒にも向きますが、自習で進めるので、学年を追い越すこともできます。

「算数/ 計算」の特長

  • 「代数計算」に特化したカリキュラム

  • 最短コースで学力を伸ばす、 無学年ステップアップ構造の問題配列

  • 多くの生徒がつまずく「分数」を徹底カバー

  • できるようになるまで、徹底して 反復させて実力が定着

算数の教材内容

おさらい先生の算数は、効率良く学習できるように無学年制で23のステップに分かれています。「診断モード」というテストにより生徒の実力を測り、23のステップの中から最適なスタート地点を見つけます。

  1. つぎのかず(たす1~10まで 19+9=など)
  2. 逆のかずかぞえ (ひく1~10まで)
  3. たしざん (たして10~50~)
  4. ひきざん( 2ケタ―1・2ケタまで)
  5. 足し算の筆算 (3ケタ+1~3ケタまで)
  6. 引き算の筆算 (3ケタ―3ケタまで)
  7. 掛け算(九九)( 九九)
  8. 掛け算(筆算1)(3ケタ×3ケタまで)
  9. 掛け算(筆算2)(3ケタ×3ケタまで)
  10. 割り算  (あまりある割り算まで)
  11. 割り算(筆算1)(3~6ケタ÷3ケタまで)
  12. 割り算(筆算2)
  13. 割り算(筆算3)
  14. 分数 (帯仮分数の変換)
  15. 分数(演算1) (分数の割り算まで)
  16. 分数(演算2)
  17. 分数(演算3)
  18. 小数1 (小数の割り算まで)
  19. 小数2
  20. 四則混合1 (3コの分数の加減から四則混合算)
  21. 四則混合2
  22. 四則混合3
  23. 四則混合4

必要なところを必要なだけ反復

左の図は、1、2(青色)のユニットが順調に進んだ生徒が、でつまずいています(赤色)

ユニット3は計4回もチャレンジして突破、4のユニットへと進んでいます。

この生徒にとっては、ユニット3の「4回」という回数が習熟のための必要な反復回数だったと言えます。やり直すたびに正確性もスピードも向上し、習熟に近づきます。

 

生徒事例

学習実例を見てみましょう。中学1年生の生徒が、約9ヶ月でわり算から四則混合の計算までをリカバリーした例です。進度グラフは下のようになりました。

進んでは(青)繰り返したり戻ったり(赤)を繰り返しながら、根気強くおさらいしてきたことがわかります。小学校分野の基礎計算を習熟しただけですが、中学での偏差値も大きく伸ばしました。