「おさらい先生」の活用例

ケーススタディ① 神奈川県厚木市「あつぎICT元気塾」

  • 導入形態   :放課後学習支援
  • 導入時期   :2017年6月〜
  • 導入校数   :市内全23小学校
  • 対象者    :小3希望者抽選で各校2クラス、計900人強
  • タブレット台数:各校40台×23校
  • タブレット機種:Windowsタブレット
  • 学習教科   :「おさらい先生」算数、国語
  • 学習期間   :1回40分×隔週を通年で実施
  • 支援員    :サポーター(地域ボランティア)1名が複数校を担当、ステップアップ支援員が各校に1名補佐
  • 導入の狙い  :小4のつまずきの前に学力を底上げ

ケーススタディ② 神奈川県松田町「寺子屋まつだ」

  • 導入形態   :土曜学習支援
  • 導入時期   :2016年6月〜
  • 導入拠点   :松田町文化センター
  • 対象者    :小4〜中3の希望者が申込みでタブレット講座を受講
  • タブレット台数:10台+2台
  • タブレット機種:Androidタブレット
  • 学習教科   :「おさらい先生」算数、国語
  • 学習期間   :1回120分×隔週を通年で実施
  • 支援員    :松田町教育委員会から1名が担当。自立学習なので監督のみ。(寺子屋には様々な講座があり、タブレットはその中の1講座)
  • 導入の狙い  :本当に補習が必要な子はなかなか来てくれないが、タブレットなら気軽に来てくれる

ケーススタディ③ 鹿児島県錦江町

  • 導入形態   :授業時間内、放課後学習など多用途の活用法を研究中
  • 導入時期   :2018年7月〜
  • 導入校    :町内全6小学校
  • 対象者    :小1〜小6
  • タブレット台数:88台
  • タブレット機種:Windowsタブレット
  • 学習教科   :「おさらい先生」算数、国語
  • 学習期間   :用途により異なる
  • 支援員    :担任教諭
  • 導入の狙い  :基礎学力固め(前年度の実証実験で「おさらい先生」が成果)

 

◆公教育

放課後や週末に実施する「寺子屋モデル」がおすすめ。最小限の端末台数・監督者で実施できるので、運営コストがかかりません。

◆学習塾(集団指導)

教室にタブレットを数台常備して、リカバリーが必要な生徒に指示して、授業前や授業後に自立学習を行ってもらうことがおすすめです。受験直前など早急な対処が必要な場合は、タブレット貸し出して学習時間を確保してもらうケースもあります。また、体験生の学力診断にも有効です。

◆学習塾(個別指導)

授業前のウォーミングアップに使うやり方と、講座化して生徒から授業料を徴収する場合があります。