Web演習教材「おさらい先生」が錦江町の小学校に採用

当社が普及を推進するWeb演習教材「おさらい先生」が鹿児島県肝属郡錦江町の小学校全6校に導入され、2018年9月より本格的に運用をスタートいたします。錦江町の小学校は昨年度から88台のタブレットを保有していますが、よりICTを活用していくために、昨夏、錦江町まち・ひと・『MIRAI』創生協議会が主催する「錦江町MIRAI塾」の一環で「おさらい先生」を活用したタブレットによる自立学習の実証実験を行いました。短期間でありながらも「おさらい先生」で自分にあったスタート地点から集中して学習(2時間×8日間)することで目覚ましい成果が得られたため、今年度よりの採用が決定しました。

これまで公教育における「おさらい先生」の導入ケースは、放課後学習支援(神奈川県厚木市「あつぎICT元気塾」小3生対象)や土曜学習(神奈川県足柄上郡松田町「寺子屋まつだ」小中生対象)など、課外の時間に使われることが多かったのですが、錦江町においては,学んだ学習内容を確かめる場や補習など、さまざまな使い方を研究して全校でICTを活用していく方針を検討しています。

  • 鹿児島県肝属郡錦江町について


https://www.town.kinko.lg.jp/

昨夏の「錦江町MIRAI塾」実証実験