教室ICT実践会とコアネット教育総合研究所が業務提携 〜私立学校のICT化推進を加速

 

NPO法人 教室ICT実践会と日能研関東のグループ企業であるコアネット教育総合研究所(本社:横浜市都筑区、代表取締役社長小嶋勇)は、私立学校へのICTコンサルティングの一貫として、タブレット演習教材「おさらい先生Web版」を提案メニュー化することで合意しました。

私立学校のICT化進行状況は、一部の先進校を除いてまだ緒に就いたばかりですが、当会のICT商材は一人一台のような恵まれた環境でなくてもスモールスタートで活用できる実践的な点が評価され、今回の提携となりました。

「おさらい先生」を活用した内部進学者と外部受験者との学力差の解消以外にも、テーマ学習支援サービス「テーマワークス」のアクティブラーニングへの活用方法を研究など、コアネット教育総合研究所のコンサルティングの知見と組み合わせたソリューションを提案し、私立学校ならではの特色を活かしたICT化を推進します。

  • コアネット教育総合研究所について

コアネットは教育と学校経営専門のシンクタンクです。さまざまな角度から学校経営をサポートいたします。

http://core-net.net/

  • 「おさらい先生」について

算数・数学の代数計算と、国語の文章読解を「自立学習形式」で学び着実に力をつけることができる紙感覚の手書き 無学年制 タブレット演習教材です。導入が容易なため教育機関での基礎学力下支えに最適で、厚木市はじめ公教育で普及が進んでいます。

タブレット演習教材「おさらい先生」

タブレット演習教材「おさらい先生」がクラウド対応し、厚木市の全小学校で導入〜放課後の学習支援「あつぎICT元気塾」で基礎学力を定着

  • 「テーマワークス」について

地域学習・調べ学習などのテーマ学習授業で使う全てのコンテンツをブラウザで一元管理でき、先生たちが自分で自由に追加や改訂できる、授業支援サービスです。日本有数の観光都市・箱根町で採用されています。

テーマ学習支援サービス「テーマワークス」

【タブレットPC・大型ディスプレイで、地域学習をより魅力的に】 -箱根町教委がテーマ学習支援ソリューションを導入