教室ICT実践会、NPO法人化のお知らせ

教育ICT関係企業のコンソーシアムとして活動してまいりました「教室×ICT実践会」は、2017年3月10日(金)より、「NPO法人 教室ICT実践会」として進化いたします。今春以降、各自治体との契約を控え、開発から販売・運用までをワンストップで実現するためです。

NPO法人化にあたってはスピードアップのためゼロから設立するのではなく、実践会メンバー企業である株式会社コードクオリティ(本社:東京都新宿区矢来町、代表取締役:青木智英)の関係団体であり京都市のPTAを中心としてICT分野において10年以上の取引実績を持つNPO法人eレガート(代表理事:松本宗雄)を改称して活動母体とします。既に改称は申請済みであり、夏頃に認可が下りる予定となっております。

また、実践会としては初の関西でのイベントとなる「おさらい先生」のセミナーを3月14日(火)に京都で行います。こちらもご来場をお待ちしております。

新体制となり、これからも教室の主役である先生と生徒をサポートするため、真に教室で「使える」サービスの開発・運用をよりいっそう加速してまいりますのでご期待ください。

<教室ICT実践会の概要>
名称:NPO法人 教室ICT実践会
住所:東京都新宿区矢来町113番地 神楽坂升本ビル402
代表:代表理事 松本宗雄
公式サイト:http://www.kictj.jp/
公式SNS:https://www.facebook.com/kictj/
事業内容:
1. 教育現場へのICT教材・支援サービスの導入推進
(主な取扱サービス)
タブレット演習教材「おさらい先生」およびそのカスタマイズ開発
アクティブラーニング授業支援サービス(後日発表)
メール配信サービス「子どもP-netサービス」
2. ICT商材の商品化支援コンサルティング「商品化インキュベーション」

タブレット演習教材「おさらい先生」

<「おさらい先生」勉強会@京都>
日時:2017年3月14日(火)11〜13時
会場:京都駅前貸会議室 K-office(京都市下京区七条西洞院東入夷之町686-3 コタニビル3F)
対象:学校・学習塾関係者
内容:「おさらい先生」ケーススタディを通じて、計算・読解のつまずきパターンと克服方法、効果的なICT実践活用方法を紹介
申込み方法:下記ページから申込み
http://www.kictj.jp/20170314_kyoto/

「おさらい先生」勉強会 in 京都

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)